Event is FINISHED

【有料】11/6 テレビドラマ制作セミナー ドラマファンを魅了する人間ドラマのつくり方

Description

VIPOでは、2019年11月6日(水)に、『テレビドラマ制作セミナー~ドラマファンを魅了する人間ドラマのつくり方~』を一般社団法人日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアムとの共催にて開催いたします。
 これまでに、文化庁受託事業「ndjc若手作家育成プロジェクト」における13年間の運営での映画監督の育成、現役映画監督による俳優養成アクターズワークショップ、脚本家によるスタッフ・俳優向け映画脚本読込講座、映画プロデューサー養成講座、エンタメマーケター養成セミナー等を通して、映画・放送業界の人材育成に取り組んでいます。
 今回の講師は、ドラマ『昭和元禄落語心中』でタッグを組み、第一線でご活躍中の脚本家 羽原大介氏(『マッサン』、『フラガール』)とNHKプロデューサーの小林大児氏。モデレーターには、テレビドラマ研究者で国際ドラマフェスティバル東京ドラマアウォード審査委員長を務める日本大学芸術学部教授の中町綾子氏を迎え、重厚なヒューマンドラマ制作の裏側についてお話いたします。
セミナー終了後には、名刺交換などネットワーキングの時間を設けます。講師や他の受講者と直接交流できる機会となりますので、是非ご参加ください。

【プログラム内容】

『昭和元禄落語心中』ドラマ制作の企画立案から放送までの流れ / これからのテレビドラマ制作現場を脚本家とプロデューサーの視点から / 動画配信サービス全盛時代のドラマ制作 / 脚本家 羽原氏のクリエイター論 / 質疑応答  
※プログラムの内容は変更する場合があります。

講師プロフィール】
羽原大介(はばら だいすけ) 脚本家

1964年 島根県生まれ
芸能プロダクションのマネージャー職を経てつかこうへいに師事、'92年に脚本家デビュー
主な作品:
映画『ゲロッパ!』、『パッチギ!』、『フラガール』、『ゲゲゲの鬼太郎劇場』
ドラマ『ダブルフェイス』(TBS共同制作)、『マッサン』(NHK連続テレビ小説)、『誤断』(WOWOW)など。
自身で旗揚げした劇団『昭和芸能舎』の脚本・演出を担当。
受賞経歴:
2006年 映画「パッチギ!」(井筒和幸監督 第29回日本アカデミー賞 優秀脚本賞)
2007年 映画「フラガール」(李相日監督 第30回日本アカデミー賞 最優秀脚本賞)
2009年 NHK福岡発ドラマ「母さんへ」(ギャラクシー奨励賞)
2009年 昭和芸能舎「長ぐつのロミオ」(バッカーズ演劇賞)
2010年 NHK福岡発ドラマ「見知らぬわが町」(ギャラクシー月刊賞)
2012年 NHK土曜ドラマ「とんび」(モンテカルロテレビ祭 最優秀賞)
2013年 TBS×WOWOW「ダブルフェイス」(東京ドラマアウォードグランプリ)


小林大児(こばやし だいじ)NHKエンタープライズ・プロデューサー
1972年生。1996年NHK入局。沖縄放送局を経て2000 年からドラマ番組作りに携わる。助監督、制作スタッフとして「 ちゅらさん」「ロッカーのハナコさん」など。演出として「 ちゅらさん4」「新選組!」「純と愛」「ごちそうさん」「 真田丸」など。プロデューサーとして「小吉の女房」「 昭和元禄落語心中」「ミス・ジコチョー」など。


【モデレーター】
中町綾子(なかまち あやこ) 日本大学芸術学部教授 

研究領域:テレビドラマ研究を専門領域とし、番組批評を活動の中心とする。国際ドラマフェスティバルinTokyo 東京ドラマアウォード審査委員長、文化庁芸術祭賞審査委員ほか審査委員    
著書 :「ニッポンのテレビドラマ 21の名セリフ」(弘文堂)、「国際演劇年鑑」(国際演劇協会日本センター)、「なぜ取り調べにカツ丼が出るのか」(メディアファクトリー)

【日時】2019年11月6日(水)
講演+名刺交換会 17:00~19:00 (受付開始16:30) 

参加費(税込)】 一般(非会員)4,000円  VIPO会員 3,000円  学生 2,000円 ※VIPO会員/非会員はこちらで必ずご確認ください

【会場】映像産業振興機構(VIPO) 中央区築地4-1-1 東劇ビル2階[アクセス]

受講対象者】

将来のテレビ・映画など映像産業を担うスタッフ・プロデューサー

コンテンツ業界でプロデューサー志望の方または業界にご興味のある方


【お申込み&お支払い方法】

定員 50名(事前申込制・先着順)
申込&お支払い期限 11月2日(土)17:00


【お申込方法】
参加申込み受付は「Peatix」のみとなります。参加ご希望の方は「Peatix」の登録をお願い致します。
※「Peatix」でのお支払方法はクレジットカード、コンビニ・ATM決済のみ。領収書は「Peatix」による発行となります。
※コンビニ/ATMでのお支払いを選択された方は、表示された期限(ご購入から3日以内)までにお支払いをお願い申し上げます。お支払期限までにご入金がなかった場合には自動的にキャンセル扱いになりますのでご注意ください。
※当日はチケット画面提示の必要はございません。受付にてお名刺を1枚ご用意ください。

下記の手順に従い、参加費のお支払手続きをお願いします。お支払いを確認させていただいた時点でお申し込みを確定させていただきます。
①右欄の「チケットを申し込む」をクリック
②枚数欄に「1」を入力(1しか入力できないよう設定しています)。支払い方法を選択し「請求先情報へ進む」をクリック。必要情報を入力。(手続きの確認ができませんので「参加者一覧に表示しない」にはチェックしないでください)
※チケットの支払方法については、下記ページの「1.チケットを申し込む」にも詳しいご案内がございます。http://ptix.co/ticket
※コンビニ/ATMでのお支払いを選択された方は「お支払案内」というメールが自動で届きますので、必ずご確認ください。
③Peatixのアカウント、FacebookやTwitterのアカウントなどでログイン ※VIPOでは今後もPeatixを使用していく予定ですので、Peatixアカウントをお持ちでない場合は新規登録をお薦めします。
④お支払い手続き完了後、登録したメールアドレス宛てにメールが届きます。
※最後の画面に「イベント当日はスマートフォンのチケット画面を提示してください」というメッセージが表示されますが、当日はチケット画面の表示は必要ございませんので、メッセージは無視していただいて結構です。
※手続き完了後に届くメールに「次のステップ」(Peatixアプリのダウンロード)の説明がございますが、ダウンロードの必要はございません。
以上でお支払い手続きは完了です。

【領収書について】

以下のページをご確認ください。
※領収書についてご不明な点はVIPOまでお問い合わせください。

【チケット購入後のキャンセルに関して】
チケットご購入者様のご都合によりキャンセルを希望される場合、の11月1日(金)17:00までに、購入したイベントページにあります「主催者へ連絡」ボタンにてVIPOセミナー事務局へご連絡ください。11月1日(金)17:00以降のキャンセルはいかなる理由をもちましてもお受けしかねます。代理の方を立てて頂く等、ご調整へのご理解の程、何卒よろしくお願いします。

詳細は以下のページをご確認ください。
Peatix Help | チケットをキャンセルしたい


共催
特定非営利活動法人 映像産業振興機構  一般社団法人 日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム

【お問い合わせ先】
映像産業振興機構 (VIPO) セミナー事務局
Email: seminar@vipo.or.jp  ※件名に「テレビドラマ」と明記してください。
Tel: 03-3543-7531 https://www.vipo.or.jp/


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#489161 2019-10-30 05:44:02
More updates
Wed Nov 6, 2019
5:00 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
映像産業振興機構VIPOホールR
Tickets
一般(非会員)価格 SOLD OUT ¥4,000
VIPO会員価格 SOLD OUT ¥3,000
学生価格 SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル2F Japan
Organizer
NPO法人 映像産業振興機構(VIPO)
1,643 Followers